多くの人が悩む乾燥肌|化粧品は刺激がないものにしよう

レディー

テカリ肌のお悩みにも

美容液

大人になっても皮脂が過剰に分泌されていると、テカリ肌になってしまうことがあります。皮脂は多すぎず少なすぎず適量分泌されることが望ましいのです。ビーグレンの洗顔料には皮脂の量を適切に守りながら洗顔できるというメリットがあります。また洗顔後の肌の状態を整えるにはビーグレンの化粧水や美容液が最適です。

詳細を読む

肌の潤いを高める

美容液

乾燥肌や敏感肌を治すには、肌の保水力や保湿力を上げる必要があります。皮膚吸収力が強い化粧水をつけることで、肌内部の保水ができます。また、乳液などのクリームをつければ、肌内部の水分を一定以上に保つことができます。

詳細を読む

製品選びはシビアに

基礎化粧品

刺激物に注意

乾燥肌や敏感肌の状態で使用する化粧品選びはシビアになる必要があります。肌の水分は外的要因から肌を守る要素を持っています。しかし乾燥肌や敏感肌になると肌のバリア機能が低下している状態であるため、肌に直接つける化粧品ですら刺激物扱いになってしまうのです。化粧品を使用したときに赤くなったり、ひりひり痛むなどは肌がアラートを出している証拠です。そのため刺激物の少ない化粧品を選ぶことが大事なのです。通常の肌であれば、化粧品に配合されている成分で刺激になるものはほとんどありません。しかし乾燥肌や敏感肌の場合には刺激になることを認識しておく必要があるのです。刺激成分は着色料やアルコール、香料やビタミンC誘導体などです。

テスターで事前確認

他にもアロマも刺激物になります。肌に優しく乾燥肌や敏感肌に効果をもたらすイメージがありますが、成分が強いものはアレルギー反応などを出すものもありますので注意が必要になります。化粧品の中には乾燥肌用や敏感肌用といった専用化粧品が販売されています。できる限り刺激成分を取り除いた製品になっていますが、肌の状態には個人差があるためすべての商品を安心しきって利用することは危険です。店頭でテスターを使用するなど肌になじむかどうかを事前に確認することが大事なポイントです。無添加や低刺激は全く刺激成分が入っていない訳ではありませんので刺激を感じるようなのであれば、使用を直ちに中止することも必要です。また肌の状態は体調によっても異なる事に注意しなければなりません。

柔らかさや膨らみがアップ

胸部

バストアップのために多くの人が、脂肪細胞を分化させるボルフィリンのクリームを活用しています。使用すると、約1ヶ月で6%ほど脂肪が増えるのです。また、塗る場所次第でバストを好みの形にしたり、ヒップを丸くしたりすることもできます。ただし指にボルフィリンが浸透しないよう、使用後は早めに洗うことが大事です。

詳細を読む