多くの人が悩む乾燥肌|化粧品は刺激がないものにしよう

女の人

肌の潤いを高める

美容液

スキンケアで注意すること

スキンケアは肌を守るために大事なことです。しかし、一歩間違えれば肌にとってダメージとなります。特に乾燥肌、敏感肌、インナードライ肌の人などは、スキンケアを十分に注意深くする必要があります。スキンケアの目的は、肌に水分を与えて保水や保湿をすることです。肌内部に水分が少ない人ほど、乾燥肌やインナードライ肌になります。水分は主に化粧水で補うことができます。ただし、化粧水をつけるときに必要以上に叩いたり、マッサージをしたりするのは禁物です。また、安物のコットンを使って化粧水をつけると肌に繊維が残って雑菌が繁殖することがあります。コットンで化粧水をつけるなら、出来る限り品質のいいコットンを使うことをお勧めします。

保水と保湿

乾燥肌などの肌トラブルは、肌の保水力や保湿力を上げることで改善できます。そのために大事なのが日ごろのスキンケアです。保水力を上げるために必要になるのが化粧水です。化粧水はどんなにたっぷりつけても浸透するのは角質層の3層くらいまでと言われています。なので化粧水は量よりも質が大事です。皮膚吸収力が強い化粧水を適量つけることで、保水力がアップします。保湿は美容オイルや乳液やクリームなどで出来ます。保水をしてから保湿をするのがスキンケアの基本です。洗顔後10分で肌が乾燥するので、手早くつける必要があります。日ごろから保水と保湿を十分に行っていれば、乾燥肌や敏感肌などの肌トラブルの予防や改善ができます。